スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆとり

今年の夏に北海道に行ってきた。
嫁様は前々から北海道に思い入れが強く、良いところだと聞かされていた行ってみて確かによかった。のだがいまいち具体的に何が良いのか理解できず…この機会に考えてみた。

 確かに北海道。。。有名なショッピングモールやテーマパークがある訳でもなく、海水浴場などのアウトドアレジャーで有名なスッポトも際立った物は思い浮かばない。北海道通の人にはあるのかもしれないが、一般に知られているような例えば沖縄の海やディズニーランドやUSJのような全国的に知らるようなものはない。

 では何が魅力なのか、嫁様曰く行けばわかるとの事というわけで行ってきた訳です。が、確かに良いところで僕も北海道というところのファンになりました。しかし、いざ自分も行ってきたらその良さをうまく表現できず、嫁様と同じジレンマを抱えることになってしまいます。ここで多少ごういんでもなんとか表現しようと試みてみる。


 良いところ…やはり田舎とか大自然とかそういう事になると自分は思う。ありきたりですね。それだけではあまり伝わらないと思うがやはりそうであると僕は思う。

 都会にはない大自然、都会にあるコンビニ、ファミレス、テナントビル、溢れる商品それらの広告、販促物、そういった欲望や購買意欲をを無理矢理にでも掻立てようとするうっとうしいものがないのが北海道の良いところなのかもしれない。大自然っていうのは、人の作成物がない自然の空間、人が作り上げたケバケバしい情報や異臭を放つ排気口なんてない。自然には人が作ったイヤらしさやごまかしがない、贅肉がそがれたシンプルな世界では在りのままの美しさと生命の尊さがとても際立つ。感受性がかけらほどでも残している人間だったら気付く、気付いた人は北海道を好きになる。そんなところが良さだと僕は考える。

 北海道は確かに何もないかもしれない。でもそれがよかった。何もなくても生きてはいける。都会には色々ある、色々なくても生きてはいける。おいしい食材やキレイな空気って言ってしまうとまたベクトルがずれるけど、都会では何もかも欲しくなるし買わようとする奴らで溢れていちいち目に入れようとあの手この手で視覚に攻め入ってきて疲れる。そんなものがなくて、シンプルに木々や動物の尊さだけを受け取れて、自然に対する恩恵を感じれろ。普段ゴミ溜に生きる人間をリフレッシュしてくれるのが、北海道を良いと思う理由だと感じた。
 何もないのがいいというより、何も欲しなくなる自分に戻れるのが魅力。都会の腐臭を免れてたくなってはまた行きたくなる。
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

kitamuu

Author:kitamuu
キタムラ洋品店というネットショップやってます
運営の大変さを痛感しつつ日々奮闘中です。

キタムラ洋品店
キタムラ洋品店へ"

↑ショップの方も覗いてみてください↑
m(_ _)m
キタムラ洋品店:フェイスブック
キタムラ洋品店へ"

ランキング
  にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキングへ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
月別アーカイブ
タグ

マクラメ 観葉植物 風景 谷崎潤一郎   ハンギング ジョルジョ・モランディ プラントハンガー インディアン 孔子 文質彬彬 アラフォー ファッション ことわざ 

楽天ショップ
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メッセージや問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。